還暦トレーダーkabutowerのブログ

最近までは225先物ミニのシステムトレードがメインでしたが、60才の還暦を機に30万円の最小資金で裁量トレードに挑戦します。

2022年04月

昨年、会社を退職してフリーランスになり、在宅ワーク中心の生活になったこともあり、最近はトレーダーのブログやYouTubeを見たりすることも多くなった。

その中で最近感じたことがある。
自分自身の現状ともオーバーラップするが、勝てないトレーダーの特徴というか、トレード歴が長くても資金が増えない人の特徴は大体共通しているように思う。

例えはおかしいかも知れないが、「常にお化け屋敷の中でトレードしているような人」である。
先が見えない薄暗いお化け屋敷の中で、常にビクビクしながら歩いていて、ちょっとした物音や動きで大袈裟に反応してビビってしまうような状態。

トレードで言えば、「ちょっとした逆行で含み益が減ると焦ってチキン利食いする」「ちょっとした下げでもすぐにビビって損切りを繰り返す」いわゆる利食いも損切りもチキンな人。
それを何度も繰り返していくことで、次第にチキン体質が刷り込まれ、頭と体に染みこんでいく。

それによってトレードの器がどんどん小さくなる(=お金に対する器がどんどん小さくなる)。
結果的に退場まではしなくても、何年やっても毎回数千円の損益しか出ないような資金が増えていかない、お金の器の小さいチキントレーダーが出来上がる。
これがトレード歴が長く、テクニカルの知識もあり、経験も豊富なのに「勝てないトレーダーの末路」ではないかと。

自分自身も以前は毎週のように銀座のクラブをハシゴして豪遊したり、家賃70万円もする高級マンションに住んで、2000万円の高級外車を乗り回し、値札など見ずに買い物するような生活を10年以上も送っていた時期もあって、お金の器は大きいほうだと思っていたが、いつの間にか今現在は立派なチキントレーダーに成り下がっている。

それでは今後のトレードにおいて、この状況を解決するにはどうしたら良いのか?
シンプルに以下の3つのポイントを考えた。

①伸びやすい(ホールドしやすい)エントリーポイントを確認する。
②逆行しにくい(負けにくい)エントリーポイントを確認する。
③自分なりにその根拠のある基準を作ってパターン化する。

言葉にすれば当たり前なのだが、ある程度検証して自分なりに根拠のある基準を作ったら、そのパターンをひたすら繰り返して頭と体に刷り込ませながらチキン体質を上書きしていく。

まずはこの基準がなければパターン化も出来ないし、パターン化出来なければ再現性もない。
逆に言えば、基準があれば、その勝率の良し悪しも判断出来るし、負けたときの振り返りや反省が出来れば、それに対する改善も出来る。

まあ「言うは易く行うは難し」だが、まずはこのチキン体質を克服しなければ、お化け屋敷の中でトレードしているような「長年やっても勝てないトレーダー」になってしまうと、いろいろなトレーダーのブログを拝見して感じた次第である。


ランキングサイトに参加中です。
よろしければ応援クリックをお願いします。


今日の一言:勝てないトレーダーの末路は辛い!

<4月のトレード結果>

トレード勝率 43%
RR比率 1.05
月間損益額 ▼89,968円
月間損益率 ▼30%

結果も酷いが、まず何よりもトレード回数が多すぎる。
履歴を確認したら月間で280回もトレードしていた。もう笑えるレベル。
1セッションあたりにすると7回と完全にポジポジ病が発症している。
言い方を変えれば優位性がそれほど高くない場面でもエントリーしている。

後からチャートを見れば、1日にそんなに優位性のあるポイントなど無いのに、その時はチャンスだと思って直感でエントリーしてしまう。
優位性に対する確信や根拠が薄いので、少しの逆行でチキン利食いやチキン損切りをしてしまう。

トレードをひとつの事業として見れば、利益を出すために、まず一番に手を付けるのはコスト面の改善。不確実な売上など違ってコスト改善は確実に利益に貢献する。

仮にトレード回数を半分すれば手数料だけでも約11,000円の改善。
そして最大ロスカット幅としている50円幅を超える負けトレードが7回で635円幅あるので、これを50円までに限定することで約28,500円の改善。
この2点だけで約9万円の損失のうち約4万円程度は改善出来る。

とにかくまずはここを改善しないとトータルでは勝てないし勝率も上がらない。
また大きく伸びる可能性の高いポイントだけに絞ることで売上や粗利益にあたる勝率やRR比率も改善する。

5月のトレードテーマは、
・優位性の高いエントリーポイントだけに絞ってトレード回数を減らす。
・それにより勝率50%以上、RR比率1.5以上を確保する。
・そのためには上位足のトレンド方向に合わせてエントリーする。

以上の3つをテーマに課して5月のトレードを取り組んでいく。
そして5月の目標は4月と同じように月間プラス。


ランキングサイトに参加中です。
よろしければ応援クリックをお願いします!


今日の一言:まずは重度のポジポジ病の克服から!

今週もプラスに出来ずに終了。
4月の最終日はダメ押しでまた▼3万円もやらかした。
今月の目標は月間プラスだったが、週間プラスさえ一度も達成出来ないという結果になった。

元金30万円という少ない資金でやっているとしても、1ヶ月でトレード資金の約3割を失うというのは、完全にレッドラインを超えている。
自分の中では勝てない原因のうちの、いくつかは分かっているつもりだが、それを改善出来ないまま、ズルズルと同じことを繰り返している。

同じ失敗を繰り返すなど、仕事では絶対にやってはいけないことだが、いざトレードとなると目の前の値動きに振り回されて思考停止になってしまう。

この週末でもう一度、4月のトレードを振り返りながら、改めて勝てない原因のあぶり出しと改善点を整理して、5月のトレードに臨んで行こうと思う。

一方でGW中は特に予定もなく日経225先物市場も休みなので、以前から並行して研究していたFXを検証も兼ねて、まずは少額取引でやってみようと思う。

先物で勝てていないのにFXで勝てるわけがないという考えの一方で、仕事やスポーツや趣味などと同じように、やってみないと分からない自分との相性というものもある世界だと思うので、まずは行動に移してみる価値はあると思っている。

【25日の損益】+9,582円
【26日の損益】▼1,096円
【27日の損益】▼1,592円
【28日の損益】▼30,049円

【取引枚数】ミニ1~2枚
【今週の損益】▼23,155円

【今月の損益合計】▼89,968円(手数料込み)

【資金残高】210,032円
【損益累計】▼89,968円

【今月の目標】月間プラス

ランキングサイトに参加中です。
よろしければ応援クリックをお願いします!

今日の一言:まずは週間プラスに下方修正!

今週も週間損益でマイナス継続。そして勝ちも負けも地味な数字。

相変わらず、良いところでエントリーしてもチキン利食いする、今度は利を伸ばそうと我慢していると途中から逆行して損切りさせられるなどトレードが噛み合わない。

でもよく考えてみると、トレードが噛み合っていないのでなく、利食いルールに一貫性がないということ。一貫性がなければ検証も出来ない。検証が出来なければルールも作れないし判断も出来ない。

当然ながら、システムトレードではこの部分はしっかりしていた。
裁量トレードと言ってもトレード中は思考停止になってしまうから、ここを事前に整理して置かないとダメだと思うので、来週に向けてはこの部分を整理してトレードに臨んでいこうと思う。

それと今週はチャートツールとして利用していたMT4が、某FX会社で登録していたデモ口座の利用期限切れなのか、急に使えなくなってしまった。
仕方なくSBIのチャートを使って取引してみたのだが、やはり使い物にならず、急遽いろいろと代替えチャートを探した結果、必要な機能を入れると有料になるツールではあるが、30日間の無料体験可能ということで、トレーディングビューのチャートを使ってみることにした。

MT4の画面や操作に慣れていたせいか、最初はイマイチだと感じていたが、YouTubeなどで使い方や各種機能などを確認しながら、自分なりに設定して使い始めてみると、MT4と遜色ないというか、むしろ優れている点もいくつかあって、今後はトレーディングビューをメインに使ってみようと思う。

それと今週から利幅での記載ではなく、単純に損益での記載に変更する。


【18日の損益】+1,305円
【19日の損益】▼3,161円
【20日の損益】▼4,030円
【21日の損益】▼6,475円
【22日の損益】+5,031円


【取引枚数】ミニ1枚
【今週の損益】▼7,330円

【今月の損益合計】▼66,813円(手数料込み)

【資金残高】233,187円
【損益累計】▼66,813円

【今月の目標】月間プラス

ランキングサイトに参加中です。
よろしければ応援クリックをお願いします!

今日の一言:トレードは一貫性が大事!

今週はデイとナイトのセッション分けをせずに1日毎の損益値幅を記載。

13日(水)に▼440円と大きくやらかした。
損切り貧乏の病に罹っていたのは自覚していたが、損切り出来ずに大きくやられることは、しばらくなかったし、それはもう克服していると思っていたが、久しぶりにドカンとやらかしてしまった。

しかも売りエントリーで大きく担がれた状態で禁断のナンピンして、さらに損失を拡げたまま、日中のクロージングで強制決済となった。
※SBIのHYPER先物コースは証拠金が通常の半分で済む代わりにセッション持ち越しが出来ない。

まあ魔が差したとしか言いようがないが、これが今の実力ということ。
今月の目標である月間プラスはかなり遠のいたが、今回の反省も踏まえて、来週からは逆コツコツドカンを目指して頑張る。


【11日の利幅】+15円
【12日の利幅】▼45円
【13日の利幅】▼440円
【14日の利幅】+55円
【15日の利幅】+85円


【取引枚数】ミニ1~2枚
【今週の損益】▼35,831円

【今月の値幅合計】▼535円
【今月の損益合計】▼59,483円(手数料込み)

【資金残高】240,517円
【損益累計】▼59,483円

【今月の目標】月間プラス

ランキングサイトに参加中です。
よろしければ応援クリックをお願いします!

今日の一言:逆コツコツドカンを目指せ!

今週はセッション単位で3勝6敗1分と大幅負け越しで終了。
値幅損益は▼260円で、実現損益▼28,944円となった。

振り返ってみると負けた要因はやはり「ポジポジ病」「チキン利食い」「損切り貧乏」の3大疾病。
改めてチャートを俯瞰してみると、月曜日は上への戻りを試したものの、火曜と水曜は下落トレンドとなり、木曜と金曜日はレンジ相場。

週前半はトレンドが出てきて、大きく取れるチャンスがいくつかあったものの「チキン利食い」で波に乗れず、週後半は方向感のないレンジ相場にも関わらず「ポジポジ病」で何度もエントリーしては損切りを繰り返す「損切り貧乏」を併発してマイナスを重ねていった。

冷静にチャートを見てみると、自分の手法に当てはまるようなエントリーチャンスと言える場面は、1セッションで多くても2~3回程度しかない。

特に週後半のレンジ相場では、ここはエントリーチャンスだと感じられる部分は、1日1回程度しかないのに、一体何回トレードしているんだよという感じ。

15分足の75MA見るとほとんど横ばいで、そのラインをローソク足や20MAがグニャグニャしながら何度も跨いでいて、まったくサポートやレジスタンスとしても機能していないのが分かる。

基本的にこういう所でトレードしても根拠も薄くて確信がないから、チキン利食いや損切りを繰り返してメンタルが疲弊してくるんだよね。

ということで、来週は、
・エントリー根拠が複数重なる場面に絞ってトレードすること
・大きく伸びそうなポイントでエントリーして利幅を伸ばすこと
上記の2点をしっかりと意識してトレードに臨んでいく。

※あくまでもこのブログ記事は度々トレードで思考停止に陥る自分への戒めとしての備忘録である。



今日の一言:負けトレード3大疾病を克服したい!

再びセッション3連敗でボロ負け。

特に8日のデイセッションは▼125円もの値幅で大負け。
その中の1取引で▼90円の損切りがあった。

これはポジションを保有したまま、オンライン会議に参加して、その間に大きく逆行してしまい、気がついた時には大きな含み損を抱えて損切りするという失態を犯してしまった。
あまり動きがなかったので油断して逆指値も入れずに放置したケアレスミス。

まあセッション3連敗だから、これだけではなく、そもそも各トレードの内容がダメダメなんだけど。
この週末で負けの原因を分析しながら、来週からまた気を取り直していくしかない。


【7日Nの利幅】▼40円
【8日Dの利幅】▼125円
【8日Nの利幅】▼60円

【取引枚数】ミニ1枚
【本日の損益】▼23,890円

【今月の値幅合計】▼205円
【今月の損益合計】▼23,652円(手数料込み)

【資金残高】276,348円
【損益累計】▼23,652円

【今月の目標】月間プラス

ランキングサイトに参加中です。
よろしければ応援クリックをお願いします!

今日の一言:ながらトレードはダメ!

昨日ナイトと本日デイで+65円となってスタート資金の30万円に復帰。

相変わらずチャンスに大きく取れないトレードが続いているが、取り敢えずセッション3連敗を脱出して元金に戻ったので、また気持ちを新たにスタートする。


【6日Nの利幅】+30円
【7日Dの利幅】+40円
【本日の損益】+6,742円

【取引枚数】ミニ1枚

【今月の値幅合計】+20円
【今月の損益合計】+238円(手数料込み)

【資金残高】300,238円
【損益累計】+238円

【今月の目標】月間プラス

ランキングサイトに参加中です。
よろしければ応援クリックをお願いします!

今日の一言:明日からまた再スタート!

スポーツにしろ、習い事にしろ、基本が大事だと言われる。
もっと言えば自分独自の基本を持っていることが大事。
「オレ流」というものだが、それも基本があってこそ、その先の応用がある。
特に迷った時はその基本に戻ることで、正しい方向に修正しやすくなる。

それではトレードの基本とは何だろうか。

そもそもトレード手法やトレードスタイルは千差万別で、順張り、逆張り、ブレイクアウト、スキャルピング、デイトレ、スイング、システムトレード等々、これが正しいというものはない。

その中でどれを選択するかだと思うが、自分が目指す裁量トレードの基本は、トレンド方向に対して、買いエントリーなら「押し目買い」、売りエントリーなら「戻り売り」だと思っている。
トレードの基本というよりも「自分が極めたいトレード」と言った方が正しい。

その理由としては、チャートは基本的にすべてN字の波動で作られているので(トレンド転換時はWやMの波動もあるが)、トレンド方向へのトレードなら、N字の根元(押し目)でのエントリーが、損切り幅が狭く、利益幅が大きいポイントなので、シンプルに考えればそのポイントでエントリーするのが一番利益が残せる可能性が高い。

ブレイクアウトでのエントリーというものも、時と場合によっては有効なんだろうし、何より分かりやすいとは思うが、押し目買い(戻り売り)と違って、N字の先端部分でのエントリーになるので、自分の中ではあまり好きではない。

そういう意味で「押し目買い」と「戻り売り」をトレードの基本にして、まずは余計な事は考えず、シンプルにこのことだけを極めて行こうと思う。
その上で自分独自の基本に磨き上げて行けば良い。

ただでさえトレードは100%の正解がない世界なので、考えれば考えるほど、迷路に嵌まって、そこから永遠に抜け出せなくなる。
だからこそ、自分独自の基本となるシングルイシューを決めたら、それを出来るだけ磨いていき、シンプルにトレードすることが大事ではないかと思う。

※あくまでもこのブログ記事は度々トレードで思考停止に陥る自分への戒めとしての備忘録である。

ランキングサイトに参加中です。
よろしければ応援クリックをお願いします!


今日の一言:何事も基本が大事!

昨日のデイとナイト、そして今日のデイとセッション3連敗で早々に今月マイテン。

持病の「チキン利食い」「ポジポジ病」「損切り貧乏」の三重苦でヘレンケラー状態。
大きく伸びるところで利を伸ばせず、方向感のないところでエントリーして損切り連発。

頭では分かっているのに、いざトレードとなると急に思考停止になるから不思議。
まだボケるには早いと思うけど。
そしてチャンスの場面にはだいたい別の作業をしていて見逃す。

ただ新たな気付きもいくつかあったので、もう一度、頭の中を整理して「やるべきこと」と「やらないこと」をしっかり区別して取り組んでいこうと思う。


【5日Dの利幅】▼70円
【5日Nの利幅】▼30円
【6日Dの利幅】▼65円

【取引枚数】ミニ1枚

【今月の値幅合計】▼50円
【今月の損益合計】▼6,504円(手数料込み)

【資金残高】293,496円
【損益累計】▼6,504円

【今月の目標】月間プラス

ランキングサイトに参加中です。
よろしければ応援クリックをお願いします!

今日の一言:思考停止にならないように!

↑このページのトップヘ